MENU

「長持ちしないカラートリートメントタイプの白髪染め」が決してダメなわけではない理由

『トリートメントタイプの白髪染めは長持ちしない』そんな意見を耳にしました。

 

たしかに、一度染めると1〜2か月色持ちするブリーチ系ヘアカラーに比べ、カラートリートメントタイプの白髪染めは、2〜3週間程度しか色持ちしません。

 

でも、色が長持ちしないからといって、ヘアカラートリートメントタイプが決してダメなわけではなく、それぞれの染め方に、メリット・デメリットがあります。

 

◆オールパーフェクトな白髪染めなんて存在しない◆

「キレイに染まって、長続きして、髪も傷まない」そんな完璧な白髪染めは存在しません。
どうして、すべてを実現できないのか?その理由は、白髪染めに使われている薬剤と原料の関係にありました。

 

ブリーチ系ヘアカラーは、しっかりと綺麗に白髪を染めて、色を長持ちさせるために、アルカリ剤や酸化剤などの強い薬剤を使う必要があります。
この薬剤の刺激が強ければ強いほど、髪が良く染まり長持ちするしくみです。
しかし、薬剤の強さと同じだけ、髪や頭皮に悪い影響を与えてしまいます。

 

これに対して、ヘアカラートリートメントは、自然由来の色素で白髪を染めるしくみです。化学系薬剤の刺激がないぶん、髪や頭皮への負担はほとんどありません。
しかし、化学染料に比べて染色力が弱いため、染まりにくく色持ちが悪くなるのです。

 

つまり『色を長持ちさせること』と『髪や頭皮を傷めないこと』は両立できないのです。

 

◆それぞれの白髪染めの特徴◆

白髪を染める方法ごとに、白髪の染まり具合、色持ち期間、髪や頭皮への負担、の項目を★3つで評価してみました。

 

【ヘアカラー】2つの薬剤を使い、化学染料で白髪を染色する方法
染まり具合・★★★
色持ち期間・★★★
髪や頭皮への負担・☆☆☆

 

【ヘアマニキュア】薬剤は使わず、白髪の表面を化学染料でコーティングする方法
染まり具合・★★☆
色持ち期間・★★☆
髪や頭皮への負担・★☆☆

 

【ヘアカラートリートメント】薬剤は使わず、天然染料で白髪の表面から染める方法
染まり具合・★☆☆
色持ち期間・★☆☆
髪や頭皮への負担・★★★

 

★白髪染め選びは身体への将来的な負担も考慮しよう★

上記の結果からもわかるように、白髪染めを長持ちさせようとすると強い薬剤を使わなければならず、その刺激で髪や頭皮を傷めてしまいます。
それに対して、天然素材で髪や頭皮を守ろうとすると染色効果が落ちてしまい、長持ちさせることができません。

 

色持ちの良さと髪や頭皮への負担軽減、どちらを優先するべきか悩むところですが、ずっと使い続けていくことを考えると、身体への負担の少ない方法がベターでしょう。

 

色持ちの悪さは、早いサイクルでの染め直しでカバーできますが、一度傷んでしまった髪や頭皮の修復には、ある程度の時間がかかります。
身体への将来的な負担を考慮して、髪や頭皮に優しいタイプの白髪染めを選びましょう。